魅力的

ワインセラーの必要性について

ワインは温度で味が変わってしまいます。
ということは、普段の保存も温度に気を使わなくてはいけないという事です。
アルコールを発生させる酵母は瓶の中で生きています。
正しい保存方法で寝かせることで、さらに熟成し美味しくなることでしょう。
温度の変化、湿度の変化によって味が変わってしまうので、保存するときはいくつかの注意が必要です。

まず「光り」。
直射日光や蛍光灯にあたるとワインは変質してしまします。
できるだけ暗い場所で保存しましょう。

つぎに「温度」。
高い温度や、激しい寒暖差でも変質がおこります。
15度前後が理想的です。

「湿度」。
65%?80%が理想です。
乾きすぎるとコルクが乾燥してしまい、空気が瓶の中に侵入してしまいます。
ワインは酸化で味が変わるので注意が必要です。

「振動」。
振動が発酵の化学変化を進ませてしまったりするため、変質の原因になります。

「におい」。
コルクで栓がしてあっても、匂いが吸収されてしまいます。
近くに野菜、薬品、オイル、塗料などを置いてはいけません。

最後に「置き方」。
コルク栓を乾燥させないために必ず寝かせて貯蔵します。
コルクが乾いて空気が入ってしまうと、ワインが酸化して味が変わってしまうのです。
ワインセラーは地下の坑道などを利用しているところが多いのですが、場所の条件がワインを育てるのに最適なのですね。

一般家庭でワインセラーがない場合はどうしたらよいのでしょう。
まず、熟成させずに飲む方が美味しいワインは、すぐに飲んでしまいましょう。
新酒を自宅で寝かせても美味しくはなりません。
床下のストッカーがあればそこに寝かせて保存するのが最適でしょう。

床下ストッカーがない場合には北側の押入れなど温度と湿度の変化が少ない場所に寝かせて保存してください。
寝かせる際には新聞紙などで包んだ瓶を発砲スチロールや段ボールの箱に入れておくとよいでしょう。
飲む時には、ワインクーラーで冷やすとよいでしょう。

冷蔵庫で冷やす時には、甘口の白は6時間。
辛口の白は3時間。
新酒の赤は1時間と覚えておきましょう。
ただ、たとえ急いでいても冷凍庫に入れるのは厳禁です。


Copyright(C) 2013 お酒の中でも魅力的な物 All Rights Reserved.