魅力的

ワインの魅力的な飲み方

ワインは温度で味が変わるってご存知ですか?
温度が高いと、香りは強く感じるのですが、味に締まりがなくなります。
逆に冷やしすぎると、香りが少なく感じられるかわりに味が引き締まります。
一般的には赤ワインは室温で飲むのがいいと言われますが、これはヨーロッパの部屋の室温15?18度のことです。

タンニンの味が決め手のフルボディの赤なら冷蔵庫で30分ほど冷やした状態で18度になります。
渋みと奥行きの深さを一番美味しく感じることができるでしょう。
同じ赤でもフルーティなタイプはもう少し冷やして飲みましょう。
15度くらいが適温です。

ボージョレーなどの新酒はもう少し冷やして、12度くらいが美味しく飲める温度です。
白ワインは10度くらいが一番美味しい温度だと言われています。
酸味が強い白だったら、5度から10度がよいでしょう。
引き締まって、きりりとした味を楽しめます。

甘口タイプの白をフレッシュに楽しみたいなら低温の方が美味しく感じるようです。
シャンパンなどのスパークリングタイプは、白と同じように冷たく冷やした方が美味しく感じられます。
温度は4度から8度です。
食前酒として飲む時は8度くらい。

デザートと合わせる時は4度くらいに冷やしておくと、甘いデザートとのバランスがよく美味しくいただけます。
ちなみに、冷蔵庫からだしてすぐにコルクを抜くと開栓とともに中身が吹き出すことがないので試してみてください。
温度が高くなってしまうと、ボトルの中の炭酸ガスが膨張するので開栓したときに中身が勢いよく飛び出してしまいます。
ワインは「味」「香り」「色」を楽しみながらいただくお酒です。

人類とワインとの長い付き合いの中で、それぞれの特徴を最大限に生かす器として様々な形のワイングラスが生み出されました。
ボウルと呼ばれる丸い器にステムという脚がついています。
プレートと呼ばれる台がついてテーブルに置く事ができます。
香りをたのしむワインのための形、スパークリングの泡を美しく楽しむ為の形、などワインの特徴に合わせたグラスで美味しいワインを楽しみましょう。


Copyright(C) 2013 お酒の中でも魅力的な物 All Rights Reserved.